ファッションパーツ図鑑

こんばんは~(*^-^*)

洋裁好きの皆様はきっとファッション雑誌やスタイルブックなどを良くご覧になると思います。

インターネットで流行のアイテムを検索したりする方も多いと思います。

私もそんな一人ですが、最近つくづく感じるのは、

洋服のアイテム名が多すぎる💦

アイテム名の多さは、デザインの多様化や細分化が一因ですが、新鮮さを強調したり差別化を図る、というねらいがあるのではないかと思われます。

例えば、最近よく見かける、とっても長~いニットの羽織もの。
私からしたら、間違いなく「ロングカーディガン」だと思うんですが。

でもこれ、「コーディガン」と言うそうです。コートのカーディガンの中間、という事らしい。。。

「スカーチョ」なんていうのもありましたね。
ガウチョパンツをスカートのようにもっとボリューミーにしたような物らしい。

と思えば、「スカンツ」なる物もあるらしい。
これはスカートとワイドパンツの中間だそう。。。

私が子供の頃流行った「パンタロン」や「ベルボトム」。
もっと前は「ラッパズボン」なんて呼ばれ方もしていましたが。
今は「フレアーパンツ」と言うらしい。
見た目は昔のパンタロンと同じですが、呼び名が変わると印象も変わりますね。

寒くなってくると首まですっぽり覆う服が恋しくなりますよね。
これも呼び方が色々ありまして・・・

タートルネック、ハイネック、スタンドネック、ボトルネック・・・などがあります。

こういった衿や袖などのデザインにもそれぞれ個別の呼び名を付けていけば、それはそれは膨大な数になるのは当たり前ですね。
そして、ファッション用語やアパレル用語はこれからもどんどん増え続けていく事は間違いなさそうです。

 

「ついていけないわ~」
という合唱が聞こえてきそうですね・・・(;^ω^)

でもご安心ください(^^)/

ファッション用語やデザインをわかりやすく解説した心強ーい本があります!

 

 

この他にもアパレル用語辞典のような本もありますが、この本はすべての用語にイラストが付いているので、とても分かりやすいのがおすすめポイントです。

もちろん、世の中のファッションのすべてを理解する必要は全くありません。
でも、自分が作った事のないアイテム、着た事のないデザインにも目を向ける事で、洋裁の幅も広がりますし、アイディアの源泉にもなります。「自分には縁がない服」と切って捨てないで、まずは知ろうとしてみるところから始めませんか?

眺めているだけでも楽しいですし、洋裁にもきっと役に立つと思います。
ワンパターンのマンネリ洋裁に陥りそうな方にはおすすめです♪

 

ぜひご覧になってみてくださいね(*^-^*)

それではまた~🎵
 
 
 
#モダリーナのファッションパーツ図鑑 #ファッション辞典 #ファッション用語辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です