「電動ハサミ」使ってみました!!

こんにちは~(^^)/

長年やってきた洋裁の仕事。

当たり前にやってきた作業ですが、最近はだんだん身体に応えるようになってきました。

特に「裁断」。

腰痛持ちという事もあって、中腰の姿勢というのがまず苦手です。

それから、裁断道具にも不満が・・・

それが、長年使っている「ロータリーカッター」。

「一ヵ所だけ切れなくなる」という現象・・・経験ありませんか?

刃を交換しても結局すぐに切れなくなり、ついイライラしてしまいます。

これはカッターマット(ビニ板)の劣化も影響しているのだと思います。

かと言って、このビニ板、裁断台に合わせた特大サイズはなかなかの値段なので、そう簡単に買い替えるわけにもいきません。

 

そんなわけで、最近は昔の様に裁ち鋏に回帰し、細かい部分は「アートナイフ」を使ったりという風に、少しでもストレスレスなやり方を模索しているところです。

裁断というのはどんな道具を使うにしても体力を使う仕事なんですよね💦

 

「ハサミが電動だったらラクだろうな・・・」

 

ふとそんなことを思い付いて、試しにネット検索してみると・・・

 

あるじゃないですか~♪

 

いっぱいヒットしましたよ(^^♪

硬いダンボールから布、紙、なんでもラクラク切れちゃう電動ハサミ。

しかもお値段はどれもリーズナブル♪

道具マニアの洋裁人としては、これは試してみなければなりません!

 

仕様説明文やレビューを参考に、選んだのがこれ!!

パオック「充電式ハサミ」

 

 

 

数ある同タイプの商品の中からこれを選んだ理由は・・・

    • 安心安全の日本製
    • しかも新潟三条市のちゃんとした工具メーカー
    • 後で替刃だけ買う事も出来る
    • しかもとってもリーズナブル

 

箱の中身はこ~んな感じ。

 

布などの薄地を切るためのソフト刃と、カーペットや段ボールなど硬くて厚いものを切るためのハード刃が付いています。
そして充電器。

本体には安全のためのロックボタンと、スイッチのオンオフボタン。

グリップの裏側がスイッチですが、握っている間はオン、離すとオフ、という仕組み。

 

それで、実際の使い心地はどうでしょう?

厚めの生地と薄地とを何種類か試し切りしてみましたので、ご覧ください!(^^)/


どうでしょう?

すごくないですか?

力も要らず、あっという間にスパスパ切れて、チョー気持ちいい(^O^)/

実は私、極薄の生地はうまく切れないんじゃないかと思っていました。
裁ち鋏でありがちな、刃に挟まって、噛んでしまうのではないかと。

でも、そんなことは全然ありませんでした!

色々な素材を試してみましたが、洋裁で使うような生地は全て問題なくカットできました。

 

ただし・・・

実際、型紙通りに正確な裁断をする事ができるか?というと、正直それにはある程度の慣れと練習が必要だと思いました。

というのも、電動工具特有の問題でもありますが、スイッチのオンオフの時にどうしても手ブレが起きます。
そして普通の裁ち鋏では下の刃を台に密着させて裁断しますが、このハサミは下の刃を台に付けると本体が動いてしまい、意図しない動きをしてしまいます。
なので、本体を安定させるためには刃を台に付けず、浮かせた状態で裁断しなければなりません。

 

でも大丈夫!(^^)/
コツさえつかめば、洋裁の裁断に十分使う事ができるようになります。

そのためには、1にも2にも練習です。
やればれるほど上手になります。

本体を持つ角度や、動かす速度、文鎮の位置なども色々変えて、自分なりのやり方をつかんでいくのも楽しいものです。

ただし、あまり細かい部分は無理しないで、ほかのツール・・・裁ち鋏やカッターを使うようにした方が良いと思います。
あくまでも労力を軽減するためのツールと考え、精密な作業をするための道具ではない、と割り切って、うまく道具を使い分けるのが賢いやり方だと思います。

 

私ももう少し上達してもっとコツが掴めてきたら、またブログでご紹介していこうと思います。

 

ちなみに・・・
ハード刃の威力も◎です!
硬いダンボールやハードプラスチック包材なども簡単にカットできるので、ゴミをコンパクトにするのにはとっても便利です!

ご興味のある方はぜひお試しください(^^)/

それではまた~(^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。