プリンター&スキャナー

こんにちは~(^^)

私の仕事の一つであるパターン作成作業。

普段はPCで製図をし、A3プリンターかA1プロッターで出力する、というスタイルです。

A3プリンターを使用する場合は、主に自分で使うパターン用。
A3コピー用紙に分割印刷し、それを貼り合わせて実物大のパターンにします。

わざわざ分割印刷する理由は紙のコストが安いから。
自分で使うなら体裁を気にする事もありませんから、コスパ重視というわけです(笑)。

一方、A1プロッターはロール紙を使用します。
A1ロール紙の幅は60cm。普通の洋服のパターンならたいていこの幅に収まります。
継ぎ接ぎなしで印刷できますし、コピー用紙よりも厚手で質が良いので、販売用のパターンはプロッターを使用します。

 

ちなみに私が使っているA3プリンターはこちら。

機種は「HP Officejet 7110」

私がパターン作成を手描きからデジタルに変えたのが2001年。
プロッターを導入する前からパターン印刷には家庭用プリンターを使ってきました。
分割印刷するには出力サイズの大きい物が良いのですが、家庭用で手軽に買えるのはA3サイズまで。
A3サイズのプリンターの中ではダントツに安いのがこの機種を使い始めたきっかけです。

インクはすべて顔料インクで各色独立型。
増量タイプのカートリッジを使用すればかなり長持ちします。
インクの発色も良く、乾きも早いので、私の用途では申し分ありません。
印刷スピードがとっても早いので、仕事の効率としても◎。

そして、特筆すべきはカスタマーサービス!

何かの拍子にエラーが出て、どうして良いかわからず困ることってありますよね?

そんな時、電話対応してくれる「スーさん」が素晴らしい!
外国人女性と思しきスーさんは、ゆっくりとした丁寧で優しい口調でこちらを安心させつつ、遠隔操作でPCを操り、あっという間にトラブルを解決してくれます。

特に指名制度があるわけではないのですが、過去2度電話した際は2度ともスーさんが対応してくれました。

他社のカスタマーサービスで横柄な対応をされた経験が何度もあるだけに、このスーさんと彼女を採用しているHP社は称賛に値すると思います!

ただ、私の場合使い方が激しく、かなり酷使していますから、それなりに消耗します。
前のモデルから使い始めて3台目。
もし壊れてもまた同じものを買うと思います。

 

 

 

A1プロッターについては以前ご紹介しましたね。

昨年買い替えましたが、調子良く動いてくれています。
何かトラブルがあっても斉藤企画さんが全面的にフォローしてくれるので安心です(^^)

 

さて、まだご紹介していないのが、このA3スキャナー。

これはエプソンの「ES-10000G」

A4スキャナーを使っていらっしゃる方は多いと思います。
A3だったら、それより少し大きいくらい?と思われるでしょうが、いえいえ。。。

大きさは66cm×46cm×16cm
重さは14.5kg

何しろ重い!

使用頻度は高くないので、出しっぱなしにするにはデカすぎて邪魔。
かといって出したりしまったりは、あまりに重すぎて腰痛持ちの私には危険な作業です。

普段は自作の台車の上に置いてしまってあり、使う時はPCのそばに移動させて台車に置いたまま使う事もあれば、作業台の上にのせて使う事もあります。

そもそも、スキャナーはどんな時に使うのかと言えば、手描きや市販のパターンをPCに取り込み、トレースしてデジタル化する時などです。
主にお客様や生徒さんからの依頼に対応するためです。

A4スキャナーは文字入力の用途で使われる事がほとんどだと思いますが、この機種はグラフィック用途を想定していますので、色や解像度などの細かい設定ができるのが特徴です。
印刷物ではなく手描きパターンを入力する場合、デフォルトの設定ではうまく取り込めない事も多く、細かな設定が役立ちます。

けれど、A3サイズの、しかもフラットベッドスキャナーでは、当然の事ながら一度に取り込めるのは最大でA3カット用紙のサイズまでです。
洋服のパターンを取り込むには分割入力し、PC上で繋ぎ合わせる必要があります。

たとえば、模造紙の大きさの原稿だったら、8回くらいに分けてスキャンしなければなりません。
しかも、分割入力では結構誤差が生じてしまい、PC上で合成する時にどうしてもぴったり合わない事がほとんどです。

できれば分割しなくてすむような大判スキャナーで一度に取り込めればいいのですが、導入にはなかなか踏み切れません。

A1の大判スキャナーは先ほどのプロッターくらいの大きさですから置き場所に困りますし、お値段もそれなりです。

それでも大判スキャナーは昔よりかなりリーズナブルになり、最近はA1スキャナーとプロッターの両方の機能を備えた複合機も数十万円程度で販売されています。

今のプロッターをそれに買い替えれば、少なくともスペースの問題は生じません。

が。。。

スキャナー自体、それほど頻繁に使う物でもないし、とりあえずある物を使う方向で当面やっていこうと思っています。

それに、大判原稿の入力サービスのある業者さんも多数あり、いざとなれば外注すれば良いのですから(;^ω^)

 

と、元来の機械好き体質がむくむく顔を出してくるのを自制しつつ、昨日からの画像合成作業にうんざりしている私なのでした。

 

それではまた~(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。